女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

『Kissing ジェシカ』

2009年2月5日 18:03|0 Commentsトレ・ビアンな映画&本

今まで観たビアン系映画の中では、わりと好きな作品。

新聞社に勤める28歳のジェシカは、男運が悪いのか、うまく行かない恋愛ばかりで、なかなか運命の人に辿りつけない。

そんな時、新聞の恋人募集欄で、ある広告が目に留まります。
それは、女性の恋人を募集するヘレンという女性の広告。
そこに引用されていた、大好きなリルケの詩に心惹かれ、ジェシカは思い切ってヘレンに会うことにします。

ヘレンは画廊のアシスタント・ディレクター。華やかに恋愛をしてきたものの、男性との関係に満足できず、同性との恋愛にトライしようとゲイの友人のアドバイスに従って、広告を出したのでした。

初めは女性との関係などやっぱり無理だと思っていたジェシカも、段々とヘレンに惹かれていきます。ふたりの恋の行方は…。

ライトなコメディタッチで描かれていますが、ホロリと来る場面も。
特に、ジェシカのお母さんがとても良いです。
ジェシカの気持ちを知ったお母さんのセリフ。
もしカミングアウトをした時に、自分の親がこんな態度をとってくれたら、どんなに救われるだろうと思いました。

ヘレンとの出会いから成長していくジェシカの姿には、観終わった後とてもすがすがしい気持ちになれました。

この作品は、主演女優ふたりの主演・脚本・共同制作。
そして監督はゲイなんだそうです。(Wikipedia参照)

カップルで観るのもオススメの映画です。

2009年2月5日 18:03|0 Commentsトレ・ビアンな映画&本

Comments

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR