女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

『タンタンタンゴはパパふたり』

2009年2月12日 15:08|4 Commentsトレ・ビアンな映画&本

タンタンタンゴはパパふたり

今回は絵本、しかもビアンものではなくゲイもの(?)ですけど、ご紹介。

これは、ニューヨークのセントラル・パーク動物園で起こった実話を描いたお話です。数々の賞を受賞しながらも、児童図書として賛否両論、様々な議論を生んだ話題作だそう。
ちなみに翻訳には、尾辻かな子さんが参加されています。

ペンギンの群れの中に、オスのペンギンが2羽、仲睦まじく暮らしていました。いつも頬ずりし合っている2羽を見て、飼育員さんは、「この2羽はきっと愛し合っているんだ。」と気付きます。

2羽は、他のペンギンカップルのまねをして、巣をつくりましたが、自分たちには温める卵がないことに気付き、同じくらいの大きさの石を見つけてきて、代わる代わる温め始めました。

その様子を見た飼育員さんのとった行動とは…。

日本では同性間の結婚は認められていませんが、同性愛者がごく身近に存在していることを、多くの人が認識すらしていない状況です。
同性間の問題に限ったことではありません。
シングルマザー/シングルファザー、再婚同士だったり、子供がいなかったり、人種が違ったり、宗教が違ったり…。
世の中にはいろんな家族がいるということを、このお話は物語っているように思います。

家族をつくるとはどういうことなのかを考えさせてくれる、優しい絵本です。子供にも大人にも、多くの人の目に触れてほしいなと思います。

2009年2月12日 15:08|4 Commentsトレ・ビアンな映画&本

Comments

4 Responses to “『タンタンタンゴはパパふたり』”

  1. めい
    2月 12th, 2009 @ 9:02 PM

    読んでみたいなって思いました(o^∀^o)実話なんですね☆やっぱり好きって気持ちに男も女も関係ないですよね♪♪

  2. ミシェル
    2月 12th, 2009 @ 9:50 PM

    こんばんは。そう、実話なんだそうです。
    ぜひ彼女さんと一緒に読んでみてくださいね(^-^)

  3. めい
    2月 13th, 2009 @ 12:55 AM

    絶対彼女と読んでみます!!!(o^∀^o)☆ミシェルさんのブログ毎日楽しみにしてます☆★楽しいし勉強になるし☆これからもブログ頑張ってください★

  4. ミシェル
    2月 13th, 2009 @ 10:26 AM

    めいさん、ありがとうございます。
    そんなに楽しみにしていただけるなんて、こちらこそ感激です。応援してくれる人たちの声が励みです(^-^)

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR