女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

ビアンに目覚めた頃 その1

2009年4月2日 20:05|2 Comments女子トーク・雑記

恋愛、同性愛というものを知るもっと以前、小さな子供の頃にすでにビアンの片鱗が表れていたという人、どれくらいいるんでしょうか。

グリ子さんは物心付いた時から女の子が好きだったそうですが、私は女の子に興味があると自覚したのは、小学校の高学年くらいの頃だと思います。
なぜだか女の子と話すのに妙に意識したり照れたりしてしまうほうで、どちらかというと、男の子と話すほうが気楽でした。(今もそうかも)

小さい頃は私自身、男の子のように活発で、遊びも男の子と一緒、髪は短く切りたがり、服装も男の子の服を好んでいました。
男の子になりたいと思っていたんですよね。(立ちションにも憧れてた)

それが男の子に初恋をして、急に女の子ルックになりました。
女の子への興味は、なくならなかったんですけどね。

おてんばだった小さな頃、ごっこ遊びもよくやっていましたが、特に好んでやっていた記憶があるのは、お医者さんごっこ
これが、女の子相手に診察や治療をするんですけど、どういうわけか注射するのが好きだったんですよね…(しかもお尻に)

今考えるとこれはもう、子供心に女の子(の身体)への興味の表れだったのではないかと…。
あ、お医者さんの仕事にも興味ありましたけどね。(フォローにならん)

グリ子さんはというと、おままごとが好きだったそうで、お友達のナントカちゃんと、夫婦はこんなことするんだよぉ。なんて、チューしたりしていたそうで…なんとも早熟。
男の子のようにわんぱくだったところは、私と同じだったようです。

女同士でトレ・ビアンLife-090402

まぁ、誰だって幼き頃のそんな話の1つや2つ、あるものですよね。
そうやって皆大きくなっていくんですよ。一応、ちゃんとした大人になれたことだし(だといいんだけど)、良しとしましょう。

さて、そんな子供だったのが大きくなり、グリ子さんも私もやがて恋し恋されるお年頃に。めくるめくビアン人生はいつ開けるのか…。

その2へつづく

2009年4月2日 20:05|2 Comments女子トーク・雑記

Comments

2 Responses to “ビアンに目覚めた頃 その1”

  1. maruma
    4月 2nd, 2009 @ 8:31 PM

    私は保育園のお昼寝の時…襲わられたf^_^;
    これってあり?もちろん好きな女の子になんだけどね(^m^)v

  2. ミシェル
    4月 2nd, 2009 @ 8:39 PM

    >marumaさん
    襲われた!?(^^; いやぁ保育園児といえどもスゴイですね。しかも好きな子に!
    私はあの頃は風船、ピンクじゃなくて青がいいって泣いてたなぁ…

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR