女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

『灼熱の肌』

2010年1月28日 11:37|12 Commentsトレ・ビアンな映画&本

灼熱の肌 [DVD]

昨日は久々にグリ子さんとDVDレンタルに行ってきました。

5本借りると1,050円ってことで、DVDになってまだ借りてなかった『MILK』とかグリ子さんがまだ見ていないという『Kissing ジェシカ』などに、グリ子さんがエロティックの棚から適当にチョイスしたDVDを加えて私にレジへ行け…と。

お兄さんのいるレジへ直行した私は何くわぬ顔をして会計を済ませました。(あ、クーポン出すの忘れた…)
それを離れて見守っていたグリ子さん、「あなたが…これを!?って顔はしてなかったねー、あの店員。」とニヤニヤ。

で、夜に早速観たその映画がこれです。
スペインでは興行成績1位を記録したヒット映画だそう。
若者たちの恋にSEXにパーティーに…というパッケージの紹介文とわけのわからん邦題で選んだ作品ですが、よくよく観てびっくり。

ゲイ&ビアン満載の青春ムービーじゃないですかっ。
これはエロティックではなく青春ドラマの棚に陳列すべきでしょ。

…いや、青春って言えばきれいなんですが、やたらエロスなシーンとドラッグがバンバン出てくるとこは、R指定ではないにしてもかなりダークな感じですけどね。

5組くらいのカップルのエピソードが錯綜しながら描かれており最後には全員がつながりを持って出てくる…という構成。
前半は物語の全容がなかなかつかめませんでしたが、後半は結構引き込まれました。

「私、ビアンじゃないの。」と言いながら惹かれ合う女同士。
親友に恋する想いを打ち明けられずに苦悩するゲイの姿。
ゴーゴーボーイが踊りまくっていた新宿のクラブを彷彿とさせる光景…などなど。(もちろんノンケのカップルも出てきます)

日本で万人ウケする作品とは思えませんが、美男美女も出てくるし、楽しめる人には楽しめる作品かもしれません。

それにしても、これはアンチドラッグのメッセージなんだろうかとも思えるほど、ドラッグにまみれた若者たちでいっぱい。
スペインの友人に現地の実態を聞いてみたいと思いました。

店員は観てないだろうな…これ

2010年1月28日 11:37|12 Commentsトレ・ビアンな映画&本

Comments

12 Responses to “『灼熱の肌』”

  1. ぴ(*・ω・*)
    1月 28th, 2010 @ 11:53 AM

    わっ久々のレビューですね(*´ω`*)☆待ってました♪♪
    早速次DVD屋さん行ったら借りたいと思います(*・ω・*)!
    また楽しみにしてます★

  2. ミシェル
    1月 28th, 2010 @ 12:05 PM

    >ぴ(*・ω・*)さん
    レビュー書きたいものはいろいろあるんですが、久々に…記憶が新しいうちにと思って(^^)
    しかしタイトルとパッケージは内容とあってないことも多いですねぇ。借りるのは勇気要ったのに(笑)

  3. カヲル
    1月 28th, 2010 @ 12:59 PM

    パエリアだの分厚いオムレツだの食べ物の事しか浮かばない私した…色気より俄然食い気。
    灼熱具合を今度パートナーと見てみます!濃厚そうですね…

  4. ミシェル
    1月 28th, 2010 @ 1:53 PM

    >カヲルさん
    そうですねぇ(笑)あの脱ぎっぷりといい…。
    クラブのトイレの個室から男女ふたり、男ふたり、女ふたり、と平然と出てくるところなんて、日本じゃありえない(^_^;)

  5. まあ
    1月 28th, 2010 @ 10:59 PM

    ”レジへ行け”って・・
    グリ子さんSっぽいですね(・∀・)

  6. じろうだい
    1月 28th, 2010 @ 11:03 PM

    鼻血ブーッ!!!な映画のようですね。
    子供達の手前、借りられないですし。
    でも、見てみたいような・・・^^;

  7. ミシェル
    1月 28th, 2010 @ 11:25 PM

    >まあさん
    ははは。そうですねぇ。こういう時はSっぽいかも(^^) 

  8. ミシェル
    1月 28th, 2010 @ 11:26 PM

    >じろうだいさん
    鼻血ブー(笑)たしかにお子様たちの目には触れないようにとなると、自由に映画を見るのもなかなか大変ですね(^-^;

  9. 遊々
    1月 29th, 2010 @ 12:59 AM

    今夜は「MILK」観ます
    以前「ハーヴェイ・ミルク」本人のドキュメンタリーを観たので、ショーン・ペンの演技がどこまで迫ってるのか楽しみです

  10. ayumi
    1月 29th, 2010 @ 6:58 AM

    意外と青春映画だったって!映画も見た目だけぢゃないですね(笑)
    にしても、スペインですし、タイトルもタイトルですし
    あたしようなお子ちゃまが見たら、なんかドギマギしそう
    むしろ鼻血たらしてしまいそうな感じですね(笑)
    でも、気にもなってます(^o^;)

  11. ミシェル
    1月 29th, 2010 @ 1:41 PM

    >遊々さん
    「MILK」は本当に良い映画でしたね。
    本人のドキュメンタリーは私は観ていないけれど、ショーン・ペンの演技はすごく評価されたようですね。見た目もちょっと似てるなあと思いました。

  12. ミシェル
    1月 29th, 2010 @ 1:44 PM

    >ayumiさん
    ラブシーンはさすがラテンだなあと思いましたが(^^; 青春映画だと言って良いのでは…と思います。特にゲイの男の子のエピソードが印象的でした。

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR