女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

『プリカちゃん』

2010年2月19日 0:16|19 Commentsトレ・ビアンな映画&本

私はビアンの専門誌を手に取ったことがなかったため、ずっと知らずにいたのですが、現在は休刊中の「アニース」というビアン・バイのための雑誌に連載され人気を博していた『プリカちゃん』という四コマ漫画。
皆さんはご存知ですか?(グリ子さんは知ってるようだった)

おそらく私くらいか少し上の世代、またはビアンものの漫画や雑誌を熱心に読まれている方はよく知っている作品なのだと思います。
ビアンコミックのパイオニア的存在だったようです。

載せられるものがないので、僭越ながらマネて描いてみました。

シンプルなタッチの絵で淡々と語られるお話は、例えば密かに好きだった友人(♀)の結婚式だったり、恋人とベッドで過ごす時間だったリ、なんてことのない日常のシーンを切り取ったものなのですが、ビアンやバイの女性にとっては「ある!ある!」と思えるようなことばかり。

キャラクターも、プリカちゃんのほか、いろんなタイプの子が出てくるので、「あーこんな人いるなあ」とか、「自分と似てるなあ」など読んでいて大笑いしたり切なくなったり。

私はネットでその存在を知ったため、漫画を読んでみたいとずっと思っていたのですが、「LOVE PIECE CLUB」でも過去に連載されて今もアーカイブが残されていることを、つい最近知りました。

一気読みして、すご~く気に入ったのですが単行本は出ていないのか、情報を見つけられませんでした。
でも、ファンから募ったお金でアニメ映画化されたそうで、2006年にレズビアン&ゲイ映画祭で、また今年の1月のパフシネマでも上映されたそうです。(これも見逃した)

作者の天宮沙江さんが監督、北原みのりさんがプロデューサー、声の出演に笹野みちるさん、ということで豪華…ですがどなたもリアルタイムで存じ上げなかった自分をどつきたい感じです

で、DVDが販売されているようなので、それを買いたいのですが、ぜひとも単行本にもしてほしいです。(もしされているなら誰か教えて~)

※コミックのアーカイブはこちら
※DVDは「LOVE PIECE CLUB」で販売されています。

2010年2月19日 0:16|19 Commentsトレ・ビアンな映画&本

Comments

19 Responses to “『プリカちゃん』”

  1. ケロケロ
    2月 19th, 2010 @ 12:41 AM

    いつも読んでこちらまで幸せな気持ちになります。
    記憶を探してみましたが、「プリカちゃん」は本にはまとまってなかったと思います…
    高嶋りかさんの「リカって感じ!?」は一冊になってるのですが。

  2. びびび
    2月 19th, 2010 @ 12:48 AM

    プリカちゃん、読んでると切ないくて
    グッっときます。
    ずいぶん昔の記憶なので定かではないのですが、
    本になっていた気がしますよ。
    アニメになっていたのは知らなかったので、
    機会があったら見てみたいです。

  3. ゆうま
    2月 19th, 2010 @ 12:52 AM

    おもしろいですねこれ!
    早速読んでます!
    マリちゃんがグリ子さんに見えます。なぜ?笑
    好きなのに言えないのがリアルでもどかしいですね。
    のんけさんにアタックするのってやっぱり大変なんだってしみじみ思いました。
    さて続きを読もうかな(≧▽≦)

  4. ミシェル
    2月 19th, 2010 @ 1:05 AM

    >ケロケロさん
    あ、その本のこともちらっと見かけましたが、まだ読んだことがないのですよ~。
    プリカちゃんは本にしてほしいですね。

  5. ミシェル
    2月 19th, 2010 @ 1:08 AM

    >びびびさん
    本の購入についてネットで見かけたのですがリンク切れでした。あるのかな~。
    アニメもなかなかイイらしいですよ(^^)ぜひ見たいですね。

  6. ミシェル
    2月 19th, 2010 @ 1:14 AM

    >ゆうまさん
    面白いですよね~。シンプルだけどリアルですよね。グリこさんは誰に似てるかなあ…マリちゃんも似てるとこあるかな。本人にも読んでもらおう(^^)

  7. たぬきち☆
    2月 19th, 2010 @ 1:42 AM

    自分はトランスジェンダーですが…。
    中学生ぐらいの時に、書店で偶然見付けて興味を持ち、購入した記憶があります。当時、世の中に色々なジェンダーがあると知らなかった自分にとって、かなり衝撃的な内容でした(笑)
    そしていつの日か、オナベバーに就職したい!と思いつつこっそり押し入れに隠してました(笑)プリカちゃん懐かしい…

  8. たぬきち☆
    2月 19th, 2010 @ 1:47 AM

    プリカちゃんの本ではなく、アニースを持っていました。すいません_(._.)_

  9. S&R
    2月 19th, 2010 @ 11:01 AM

    アニース、カーミラと 今はなきビアン雑誌を買っていたことがありまして、プリカちゃんすきでした(・-・*)
    あのなんともいえないタッチも、味がありました。
    ビアンの雑誌、って 存続するのがなかなか難しいんでしょうか(;へ:)?
    また何か出ないかなあ。。。

  10. ミシェル
    2月 19th, 2010 @ 11:04 AM

    >たぬきち☆さん
    中学生か~。私はまだああいう雑誌があることも知りませんでした。それどころか周囲の子が買ってる雑誌を読み始めたのも遅かったなあ(^^;

  11. ミシェル
    2月 19th, 2010 @ 11:07 AM

    >S&Rさん
    たしかに私がそういう雑誌を買いたいと思った頃にはもう廃刊になったりしていました。
    難しいんでしょうかねぇ。

  12. ol110
    2月 19th, 2010 @ 12:06 PM

    しちゃいました!
    プリカちゃんかわいかったです♪
    私はプリカちゃんの方がグリ子さんに似てる気が・・・・(*^▽^*)?
    マンガになってたらいいですねぇ!

  13. おもしろかったです~。
    2月 19th, 2010 @ 7:09 PM

    プリカちゃん!とても面白かったです。
    本当にリアルです。
    自分とすごくかぶって楽しく哀しくみました^-^

  14. よっしゃ
    2月 20th, 2010 @ 12:28 AM

    プリカちゃん、懐かしい~!
    私が一番覚えてるのは、プリカちゃんが白衣を着て実験するエピソード。片方がレズだったか、レズの子2人だったかを箱に入れて2人っきりにしてみるが、箱を開けたら2人は別々の方向に歩いていく。レズだからって、女だったら誰でも良いわけじゃなくってよ!というのが、「わかる~!」というので、2丁目でみんなで大盛り上がりした思い出が。2丁目を駆け抜けた青春だな~。(笑)

  15. ミシェル
    2月 20th, 2010 @ 11:57 PM

    >ol110さん
    プリカちゃんはグリ子さんに似ているか…う~んどうでしょう(笑)かわいいですよね。

  16. ミシェル
    2月 20th, 2010 @ 11:58 PM

    >おもしろかったです~。さん
    リアルですよね。あ~あるある!って思えることが多くて、良いなあと思いました。

  17. ミシェル
    2月 20th, 2010 @ 11:59 PM

    >よっしゃさん
    改めて「プリカちゃん」が人気コミックだったのだとわかりました。2丁目の青春か~。いいなあ(^^)

  18. 坂尾直子
    2月 21st, 2010 @ 3:11 AM

    一気読みして来ました。
    女の子に恋した事はないですが、
    こう云うもどかしさって、相手が同性でも異性でも変わらないんですねw
    ルイさんみたいな人が彼女だったら傷つくなぁ。
    私がサキさんだったら愛し続ける自信はないですw

  19. ミシェル
    2月 22nd, 2010 @ 9:34 AM

    >坂尾直子さん
    相手が異性か同性かっていうだけで、ほんと変わらないと思います。
    あの登場人物みたいに、ビアンにもいろんな人がいますね~。

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR