女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

『じりラブ』

2010年3月27日 0:08|10 Commentsトレ・ビアンな映画&本

じりラブ

実は予約して購入したのですが、やっと先日読み終わりました。
読むのが遅いのもあるんですけど、ゆっくり読みたかったもので。(おせーよとグリ子さんに言われた…)

もう私が紹介するまでもなく、うたぐわさんの『【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です 』は大人気ブログなので皆さんご存知ですよね。

以前にも「男同士のトレ・ビアンLife」と題して記事を書かせていただいたので詳細は省きますが、うたぐわさんはずっとゲイのアニキ的存在として様々な活動をされてきた方。

奇遇にもうちと同時期にブログを開設され、勝手に兄弟(姉妹?)ブログのような親近感を抱きながら(図々しくてスミマセン)、ずっと拝見してきたのですが、きっといつか書籍化されるに違いないと思っていました。

そしてとうとう今年の2月にうたぐわさんの本を手に取ることが叶ったわけですが、その内容にまた感動しました。

この本のためにすべて書き下ろしされたということですが、仕事をしていて、ブログも毎日更新して、家でツレちゃんのご飯も用意して、なおかつこの本をつくるって…どんだけ大変か。

それから、私はうたぐわさんの漫画はもちろんですが、文章がとても好きです。わかりやすいから。
漫画の途中途中に、挟まれているエッセイがまた良いのです。
グリ子さんも「この人の仕事のプレゼンは面白いだろうなぁ」と言っていました。

さらに、これはご本人がたしか週刊朝日の特集で仰っていたことですが「ゲイのことをわかってもらうには、ノンケと喧嘩していてはダメ」ということ。

私の昔の上司がよく「説得するより魅了しろ」と言っていました。

例えば文章が書ける人、話のうまい人、絵が描ける人…などそんな人たちのとてつもなく魅力的な作品によって、既成のイメージや概念をがらりと変えてしまうことだってできるはずです。(こういうのも「ゲイリブ」?)

人に何かを伝える時にはいろんな方法がありますよね。
その1つに、ユーモアとか笑いの効能ってやっぱり大きいと思うのです。
大笑いして読みながら「そうだよなぁ」と納得させられるような。
うたぐわさんの漫画にはそんな魅力を感じます。

ちなみに私は、うたぐわさんの上司FさんとスーパーハニーMくんのエピソードがお気に入り。

本が発売されて、トーク&サイン会もおこなわれたようですが、行けなくてとても残念でした。その日の模様はいろんなブログでレポートされているのを読みましたが、うたぐわさん、サインのみならず手作りクッキーも手渡されたとか!(なんか私よりずっと女子力ありそうだわ…)

ああ、長くなってしまった…述べたい感想はたくさんありますが、とにかく愉快でステキな本です。まだ読まれていない方はぜひ手に取ってみてください。

2010年3月27日 0:08|10 Commentsトレ・ビアンな映画&本

Comments

10 Responses to “『じりラブ』”

  1. ER_Kerry
    3月 27th, 2010 @ 12:21 AM

    出版されないのですか?
    とても とても 大変だとは思いますが・・・
    Twitterの壁紙 模様替え?

  2. ミシェル
    3月 27th, 2010 @ 12:37 AM

    >ER_Kerryさん
    そうそう、壁紙変えました~。
    いや~出版化は…滅多なことじゃできないでしょう(^^; 体力も必要みたいですよね。

  3. ナナ
    3月 27th, 2010 @ 1:06 AM

    私も彼女と一緒に読みました。
    すごく面白かったです(笑)
    商業的な書籍化は大変だと思いますが、
    近々アメブロさんの書籍化サービスを利用して
    彼女とのブログを保存したいな~なんて考えています。

  4. ミシェル
    3月 27th, 2010 @ 11:35 AM

    >ナナさん
    やっぱりずっと書きためていくと、何らかの形にして残したいなと思いますよね(^-^)
    それにしてもこういった本が大手出版社から発売されてたくさんの人に読まれているというのは、他人事ながらうれしかったですね。

  5. なにわののび太
    3月 27th, 2010 @ 2:22 PM

    可愛い女の子を描くマンガ家は、ビアンの気があるのでしょうか?

  6. ミシェル
    3月 27th, 2010 @ 4:40 PM

    >なにわののび太さん
    女の子が好きでかわいい女の子を描くのも好きという人もいるかもしれないけれど、それがビアンであるかどうかということとはあんまり関係ない気がしますよ。

  7. kyo
    3月 27th, 2010 @ 7:29 PM

    はじめまして。
    私も毎日うたぐわさんの更新を楽しみにしておりまして、それでミッシェルさんの存在を知り、たまにブログを拝見させていただいております。
    うたぐわさんの存在を知ったのは、たまたまうたぐわさんが私のブログにペタを残してくださってからです。
    私には2歳の子供がおりまして、平日は仕事をしておりましてなかなか本屋にゆっくり行く時間もないので、残念ながらまだじりラブの書籍版を拝見しておりませんが是非読みたいと思っております。
    うたぐわさんのブログもミッシェルさんのブログも上手く表現できませんが、とても穏やかで良いものを感じています。
    またたまにお邪魔させていただくかと思いますが、宜しくお願いしますm(_ _)m

  8. ミシェル
    3月 27th, 2010 @ 11:33 PM

    >kyoさん
    ありがとうございます(^-^)
    こちらは地方ですが、今日も本屋でじりラブを発見しましたよ。
    またぜひ遊びにきてくださいね。

  9. KURIKO
    3月 28th, 2010 @ 1:42 AM

    本番のトークショーには行かれませんでしたが、
    その前の早い時間に、カフェにおられるというご本人にサイン頂きました☆
    クッキーはこの世の物とは思えないおいしさ☆
    彼女と一緒に行ったら、「お2人はカップルなの~?」と、小声の口ぱくで聞かれ、大きく頷きました
    さすが、組合員の方は一発でわかるのですね。
    ミシェルさんがいつか書籍でも発表され、そのような会を東京でやる際は必ず伺います
    これからも楽しい記事を書き続けて頂けたらと思います。

  10. ミシェル
    3月 28th, 2010 @ 11:02 AM

    >KURIKOさん
    わ~、サイン会行かれたのですね。いいなあ。
    レポート記事などでもその人気ぶりがうかがえました。
    パートナーシップの話はゲイ・ビアンカップルだけでなくノンケカップルや育児中の方々にも共感しうるものがたくさんあるんだろうなって気がしますね~

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR