女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

謎の年賀状

2011年1月1日 17:07|2 Comments女子トーク・雑記

あけましておめでとうございます。

この年末年始はグリ子さんが仕事で帰省できなかったため、私ひとり、実家でのんびりと過ごしております。
妹がアメリカから帰国しなかったので、父と母と親子3人で、ちょっとしたお正月料理を食べる以外は特に何もせず。

昨年を振り返ってみると、本当にいろんなことがありました。(こういう時ブログは役立つ)

グリ子さんのお母様のお茶会参加に始まり、手術をした父のお見舞いにグリ子さんが来てくれたり、彼女の弟さんと初対面をしたり、家族公認でふたりの部屋を借りたり…とお互いの家族との距離を随分縮められた気がする年でした。

また、私の誕生日の温泉旅行、宮崎旅行、初のディズニー旅行、そしてついに顔出しでたくさんの方にお会いできた年末の東京旅行など、色々旅に出たり出会いがあったり。
G2さんとの出会いから、ビアンアプリ「Spindle」のリリースも実現しましたしね。

昨年のお正月はとても良いおみくじをひいたのですが、本当に良い一年だったと思います。(だから今年おみくじをひくのがちょっと気が引けるけど…)
いつも声をかけてくださる皆様、陰で支えてくださっている皆様、本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、私は家を離れているのでまだ年賀状を受け取っていないのですが、今朝両親の元に届いた年賀状の中に、1枚不思議なポストカードが混じっていました。絵はがきにフランス語で手書きのメッセージが書かれていて、名前も住所もなく切手も貼られていないのです。

で、そのメッセージですが、直訳すると「助けてくれてありがとう。最高の記憶です。」(何のこっちゃ)

翻訳ソフトに頼るしかないんですけど、とにかく何か感謝をされているようで、うちの親は首を傾げています。
「宗教じゃないのか」と言う父、「昔、同じ学年の男子がフランス語で手紙をくれたことがあったわ」と言う母。
色々話しているうちに、うちのすぐそばに住んでいる留学生では…と思いつきました。いろんな国からの留学生が住む施設があるのです。

すると母が、「そういえば庭仕事をしている時に外国人の親子が外にいて、子どもがかわいかったからお花を一輪あげたことはあったけど…。」と。

もしかしたら、それがうれしかったからお礼のカードをポストに入れてくれたのかなあと。

印刷しただけの年賀状が届くことも増えた近年。手書きの「ありがとう」に心が和んだのでした。

推測ですけどね
人気ブログランキング
にほんブログ村

2011年1月1日 17:07|2 Comments女子トーク・雑記

Comments

2 Responses to “謎の年賀状”

  1. 琥珀
    1月 2nd, 2011 @ 3:58 PM

    お久しぶりです! 遅れましたが、あけましておめでとうございます♪ こちらにお引っ越しされたんですよね。
    ご挨拶が遅れてしまいまして 私は明日まで休みですが、実家にも帰らず家でネコ達と過ごしています。
    今年も宜しくお願いします!

  2. ミシェル
    1月 2nd, 2011 @ 11:32 PM

    >琥珀さん
    あけましておめでとうございます(^-^)
    猫たちとお正月なんですね〜。私も猫と戯れたいなあ♪私は実家に帰省していますが、結局ほぼひきこもりです(- -;
    こちらこそ今年もよろしくお願いします。

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR