女同士でトレ・ビアンLife

ステキな彼女の生態と女ふたりぐらしの実態

グリ子さんの手紙

2011年4月6日 9:36|67 Comments家族とふたりの事件簿

先週、「大変なことになったよ。」と外から電話をかけてきたグリ子さんに、急に転勤が決まったことを知らされました。
しかも行き先は、私たちの故郷の街。

半年前に引越して親公認のルームシェアを始めたばかりだったのに、思いがけないことでした。
ふたり暮らしを始めた時からずっと不安に思っていたことが、とうとう現実になってしまったのです。

これからの私とグリ子さんの話をするには、今まで書いていなかったことに少し触れておかなければなりません。

グリ子さんは長女です。
交渉事が上手でしっかり者だけど、自分の母親には歯が立ちません。すごく母親思いだからです。
でもいつも自分の気持ちを抑えて家族にすら遠慮をしています。

彼女は昔、付き合っていた人に裏切られて、大変なトラブルを抱えた経験があるそうです。そのことはグリ子さんとお母さんをものすごく傷つけ、グリ子さんの自由を奪いました。
相手のことは「女友達」としか言えなかったそうです。

グリ子さんのお母さんは、彼女を厳しく育ててこられたのだと思います。
お嫁さんとの折り合いが良くなく、ひとり娘のグリ子さんを頼りにしているけど、家では自分のプライベートをあまり口にせずおとなしかった彼女が、私の前でどんな表情を見せるのか、彼女が本当は何に苦しんできたのか、全くご存知ではないのです。

グリ子さんは親にカムアウトをするのは無理だと言います。もう悲しいショックを与えたくないし、きっとわかってもらえないからと。
でもそれよりも、まずは彼女の言葉で彼女の気持ちを家族に伝えられるようになってほしいと私は思います。

これまで書いてきた私とグリ子さんの家族との関係は、本当にやっとここまで辿り着いたものでした。

でも今回の転勤にあたって、グリ子さんが私とルームシェアを続けたいと言った時には、「なぜ実家に戻らないのか」「なぜ女同士でベタベタ一緒にいなきゃならないのか」「また何かトラブルを起こすんじゃないのか」とお母さんに反対されたのです。
本当は今一緒に住んでいることにも反対だった、と。

お父さんが亡くなって、お母さんが淋しい思いをしているからと、これまでも毎月必ず実家に帰って、その間グリ子さんはお母さんにつきっきりで。
私から見れば、本当にめずらしいほど親思いな人です。それでも過去を悔いて自分を責め続ける彼女とお母さんとの関係を、私は苦い思いで見てきました。

もしもグリ子さんが実家に戻ることになったら…私たちはもう思うように逢うことはできなくなるでしょう。
2度目の電話は私がいるそばでしていましたが、お母さんの話にグリ子さんが口を挟めたのはほんの数回でした。電話を切った後、彼女は泣いていました。

私ならきっと、自分の家族に反対されても「自分はこうしたい」と言うでしょう。今までもそうやって親とぶつかってきたし、結果的に親は私を尊重してくれているようだと感じています。
でもだからといって、恋人とも家族とも認められておらず、わずか数年のつきあいの16も年下の私が、彼女のために何ができるんでしょう。

今は彼女とお母さんが対話をする時だと思います。
グリ子さんは先日お母さんに手紙を送りました。私にも見せてくれましたが、彼女がどんなにつらかったか、どんなにお母さんを想っているか、そして自分らしく生きたいという想いが書かれていました。
彼女が手紙を書いたことは、私とふたり暮らしを続けたいという意志でもあり、そのことは本当にうれしく思いました。

お母さんからまだ返事はないようですが、彼女の気持ちを受け止めてもらえることを願っています。

2011年4月6日 9:36|67 Comments家族とふたりの事件簿

Comments

67 Responses to “グリ子さんの手紙”

  1. KURIKO
    4月 6th, 2011 @ 9:57 AM

    ミシェルさん、グリコさん、KURIKOです。

    ブログを読んでいろいろな状況がより深く理解できました。
    そうですか、故郷に。。

    そしてお母様との関係・・少し似ています。
    私と私の母親との関係も共感する部分があります。
    とても厳しい母親でした。
    相方は親とわりと何でも話していすようで、
    それもちょっとミシェルさんのところと似ている気がします。

    違うのは以前にあったトラウマ的出来事が私にはないこと。

    私も絶対親に話すのは無理だと思っていました。
    彼女とのことを話す前に、自分がいかに苦しんできたか、
    どんな思いでいたか、本当の気持ち、そして今は生まれて初めて幸せなこと、をメールで伝え、直後に電話で1時間話したのが
    私のこのお正月の母へのカミングアウトです。

    これは私と母との解決しなければいけない積年のコミュニケーションの問題、のような気がして、その一歩を相方に支えられ踏み出しました。

    今回、グリコさんのお手紙もその大きな大きな一歩だと思います。

    勇気がいることだったでしょう、今もお仕事、準備などで本当にお忙しい中、複雑な様々な思いでおられることでしょう。

    道はやさしくはないかもしれませんが、お2人の幸せを心より願っています。

    今日から出張なのですが、それにからめて週末は実家に帰ります。
    カム以来たわいない電話やメールはしていますが、
    初めて母と対面します。

    次の一歩になるよう私も頑張ってきます。

    グリコさん頑張って!!

  2. きー@止血中
    4月 6th, 2011 @ 10:28 AM

    気の利いた言葉が見つかりません・・・

    ミシェルさんとグリ子さんは
    家族ぐるみのお付き合いをしてこられて
    反対されると
    グリ子さんもミシェルさんも辛いでしょうね・・・

    お二人とも元気だしてくださいね。
    きっといい方向に向かいます。
    応援しています。

  3. Poco
    4月 6th, 2011 @ 11:04 AM

    はじめまして。いつもお二人のコメント、楽しみに拝見しております。グリコさんと私があまりにそっくりなので思わずメールしてしまいました。私の恋人は既婚者なので今現在はお二人のような問題はありません。というより、母の事があって好きな人との生活は不可能だと昔から思いこんで生きてきたので結果自然と既婚者としか付き合ってこなかったという感じです。なのでお二人の生活を垣間見て、思うように生きていて羨ましく思っていました。私はどうしても母に本心は伝えられませんしそれはこれからも変えられないでしょう。グリコさんの気持ちが痛いほどわかります。気の効いたアドレスでもできれば良いのですが今はただお二人がうまく乗り越えてこれからも幸せな日々が続く事を祈るばかりです。取り急ぎ失礼いたしました。

  4. aki
    4月 6th, 2011 @ 12:09 PM

    会社のお昼休み、iPhoneからアクセスして読みました。
    涙なしには読めませんでした。
    私も悲しくなりました。
    いつもブログの更新を楽しみにしていました。お二人のかわいい生活を微笑ましく思って、いつも応援してます!という気持ちでした。
    今回は、はじめてなのですが、どうしても何か反応を送りたくて、思わずコメントしてしまいました。
    でも、いつもミシェルさんの文章からは、お二人の様子がよく伝わってきて、お会いしてないのに、素敵なお二人だ!ってわかります。
    それはグリコさんのお母様にも伝わると思います。時間はかなりかかると思いますが、きっと大丈夫だと思います。これからも応援してます〜!

  5. Mina
    4月 6th, 2011 @ 12:55 PM

    はじめまして。以前からミシェルさんのブログを読ませていただいています。今回、初めてコメントさせていただきました。

    グリコさんは大変お辛い気持ちのことと察します。ミシェルさんもグリコさんをとても愛しているこそ、解決のためどのように行動し手助けしたらよいか迷い、グリコさん同様苦しんでいるかと思います。
    私には、私の家族、私のパートナーや彼女の両親との間でこのような苦痛を感じた事はありません。しかも日本では認められていない同性婚が法律的に認められている国で1つの家族として生活をしており、私はとても幸せ者だと思います。
    少しずつでもお母様がグリコさんのお手紙を通し、お二人をご理解し、近い将来、誰にでもある愛する者同士、人生を共にしていくようなごく当たり前な状況になれることを心よりお祈りしています。
    日本がどのようなカップルにでも住みやすい国に早くなれるよう強く願っています。

  6. リオ
    4月 6th, 2011 @ 1:10 PM

     今日の話を読んで、グリコさんの母子関係が少し似ていると感じていました。
     私の母は「厳しい」を通り越して「支配的」な人です。
     良く言うのは「性格が壊れている人」です。
     電話は殆ど向こうからしか掛かって来ませんが、いつもとんでもない時間であり、長時間であり、尚且つ殆ど会話になっていない(一方的に愚痴を聞かされるだけ)ので周囲も直ぐ判るほどです。
     そんな人に勿論カムはしていませんし、何より離婚の事実もずっと伝えないままです。
     それでも気が付かない位の関係、となればその異常さが判ってもらえるかと思います。

     私は転勤があるような仕事をしている訳ではありませんが、もし万が一同じ町内に住む可能性が出たとしたら私の母は、例え社会的な夫婦であっても「同居」を強制したと確信出来ます。
     「同居=仲の良い家族=幸せな老後」という固定観念があるからです。
     実際、何度も
    「アンタ達が一緒に住んでくれるなら幾らでも家を改造してやる」
    「アンタ達と一緒に住めるなら廊下に寝てもいい」
     と言われて来ました。
     
     グリコさんはまだお母様と話が出来るし「愛情」があるのだと感じます。
     詳しい状況は判りませんが、一番は彼女が御母さんにそれなりにカムした上で、彼女の希望をハッキリする事でしょう。
     そして極端かもしれませんが、ミシェルさんが厭わないのならお母様との「同居」も考えられると思います。
     お母様も「娘が側に居る=同居が当然」という自らの固定観念に縛られているのだと感じますので。

     今の状況の御二人に「頑張って」とは言えません。
     お互いがお互いの愛情の重さを計りに掛け、同時に互いの愛情の重さを計ろうとしているように思えるからです。
     今の状況が「お互いの妥協」ではなく、少しでも「お互いの歩み寄り」で上手く進んで行くことをお祈りしております。

  7. じょん
    4月 6th, 2011 @ 1:31 PM

    お会いした訳ではないけれども、お二人の絆と愛の深さは、ミシェルさんのブログから十分に伝わって来ます。
    (いろいろなことを教わって、支えてもらっています)
    だから、お二人には”Stay Strong”と言わせて下さい。
    You’ll never walk aloneとも。

    私には祈る事しかできませんが、きっとお二人が幸せであれば、周囲の方も幸せになる、と信じています!
    応援しております!

  8. 匿名
    4月 6th, 2011 @ 3:14 PM

    読んでて目がうるってなりました。
    応援してます。

  9. maliy
    4月 6th, 2011 @ 5:02 PM

    今まで大変だったんですね。それでも明るく振舞ってがんばっているグリ子さん本当に尊敬します。
    ミシェルさんがいるからがんばれるのでしょうね。

    お手紙を出したって本当にすごいです。
    きっとすごく葛藤あったでしょうね。大きな一歩じゃないですか!
    グリ子さんお疲れ様です。

    私はお二人をブログで見させていただいてとっても励まされるし、いいなぁって思います。運命ってきっとあるんだろうなって(≧∇≦)

    人は強くて弱く、弱くて強いもの。
    どちらも持っていて、状況や環境によって色々変わるんだろうなと私は思っています。

    お母さんもきっと強い部分を持っていると思います。
    乗り越えられますよ。

    いっつもがんばっているグリ子さんだから絶対幸せになります!
    グリ子さんもお母さんもミシェルさんもミシェルさん家族もみんな幸せになりますよ!

    新月の願い事って知っていますか?
    半信半疑でやり始めたことですが少しずつ願いが叶ってきているような気がします。
    簡単なのでおすすめです☆

    願いを持ち続ければきっと叶うと思います。
    みんなが幸せになれることを祈っています☆

  10. グリ子
    4月 6th, 2011 @ 6:01 PM

    昨日ミシェルが文章にならない、と悩みながら書いていたブログがアップされていることを、今喫茶店で知り、みなさんのコメントも含めて読み終わりました。
    客は私ひとり、涙をふきながら読みました。
    みなさんが日常の手を止めて、私とミシェルのためにコメントをくださったことにまず感謝致します。
    ひとの気持ちがありがたい、ってこんなことを言うのですね。寄り添っていただけている気がしました。本当にありがとう。
    まだ返事もこないし電話も来ません。私から話を切り出さなければならないでしょう。
    でも私の人生です。ミシェルが勇気をくれました。このままでいいのか?
    またみなさんに報告します。
    コメントを下さったみなさん、読んでくださっているみなさん、ありがとうございます!


  11. 4月 6th, 2011 @ 6:42 PM

    なんと書いたらよいか。
    読みながら胸の奥が痛くなりました。
    つらいな。

  12. あきたん
    4月 6th, 2011 @ 6:45 PM

    うーん、私も母親との関係がそんな感じなんで、
    グリ子さんの気持ちもわかるし、ミシェルさんの
    気持ちもわかるし・・・難しいですよね。

    私も交際相手との間にトラブルを抱えた時があり、
    女手一つで育ててくれた母に経済的にも精神的にも
    すごく迷惑をかけて、一時は親子の縁も切られるかも・・・
    というくらいの状態だった時がありました。

    それから母親に頭が上がらないというか、
    若さ故気がつかなかったけど年を取るにつれて
    あの時母親がどんな気持ちでいたか実感するように
    なったというか・・・。

    なので迷惑をかけた分、なるべく母親の希望に
    添うように生きたいというか、生きなければ、と
    いうか、そんな風に無意識に考えてしまうように
    なりました。

    自分がそんな風に生きているので説得力がないかも
    知れませんが、一度きりの人生だし、本当に
    信頼出来る相手を好きになれて、また相手からも
    好きになってもらえる、そんなことってなかなか
    ないことだと思います。

    ブログで拝見しているだけでもお二人の仲の良さ、
    相性の良さはすごく伝わってくるので、ものすごく
    大変かも知れませんが、なるべくお互いの手を離さず
    一緒にいられることをお祈りしてます。

  13. ルーア
    4月 6th, 2011 @ 7:45 PM

    胸が痛みます。
    哀しいとか、切ないとか
    それだけじゃなくって
    どうしても良い方向に向いてほしいから生まれる痛みです。

    どうか、どうかと
    願っています。

    グリ子さん、ミシェルさん
    がんばって!

  14. ぴー
    4月 6th, 2011 @ 8:05 PM

    最近更新されてないと思ったら…大変なことになっていたんですね。
    ミシェルさん、大丈夫ですか?

    全ての記事を拝見していますが、今回の内容は特に人事とは思えず、読んでいて胸が締め付けられました。

    私はグリ子さんタイプで
    私の相方はミシェルさんタイプです。

    グリ子さんがどんな想いでお手紙を書いたか、お母様に対してもミシェルさんに対しても、どんなに申し訳なく思っているか、想像するだけで悲しい気持ちになります。

    ミシェルさんもお辛いでしょう。

    でも、いつかはぶち当たる壁だったのでしょうか。

    これも2人が一緒に、いつまでも楽しく幸せに過ごしていくためのステップだと思います。

    グリ子さんの気持ちが正しく伝わりますように。
    ミシェルさんが悲しい思いをされませんように。

    全部きれいに、とはいかないまでも
    お2人の抱えている問題が1つでも解決することを願っています。

  15. どら
    4月 6th, 2011 @ 9:11 PM

    いつも読ませていただいています。愛おしく、大切だと思う相手に性別も年齢も関係ないのに・・・切ないですね。どうか、どうか、良い方向に向かいますように。

  16. Katelyn
    4月 6th, 2011 @ 9:28 PM

    会社でこっそり記事を読んで 泣きそうになりました。
    ですので コメントは自宅に帰ってから書かせて頂いています。

    グリ子さんもミシェルさんも それぞれ事情があるし 仕方ないことも沢山あるのかもしれません。
    でも一つだけ。
    ぜひ後悔しない結果になるよう祈っています。
    親はいつか解ってくれると思うんです。
    (甘いかなあ)
    お二人が幸せになる方法が見つかる事を祈りながら見守っております。

  17. iyrme
    4月 6th, 2011 @ 9:48 PM

    はじめまして。以前からブログを拝見させて頂いていました。自分のセクシャリティについて悩んでいた時に、このブログに出会い、それ以来、ずっと愛読させて頂いております。

    今回は、はじめてこのブログを読んで涙がこぼれてきて、ついコメントをしてしまいました。
    私は、お二人は出会うべくして出会った赤い糸で結ばれている相手同士だと思います!
    どうか、このピンチがお二人が次のステップへ進むためのチャンスになることを祈っています。

    精神的に今非常にお辛い状況にあると思います。どうぞお体にはお気をつけ下さい。

    まとまらない文章ですが、お許しください。

  18. kiri
    4月 6th, 2011 @ 9:49 PM

    ぐり子さん、ミシェルさん
    はじめまして。
    拝見させていただいていて、私もとても切なくなりました。
    動くべきことが動いて、治まるべきが治まりますように!
    お二人を心から応援しています。

  19. なべこ
    4月 6th, 2011 @ 10:12 PM

    グリコさん、ミシェルさん。

    お二人にとって一番良い結果になりますように。
    私も彼女も、心から応援してます。
    きっとなります。
    そう信じてます。

    道は一つじゃないです。
    正解なんて在りません。

    お二人を信じてます。

  20. よっち
    4月 6th, 2011 @ 10:20 PM

    本当に苦しい状況の中でのグリ子さんの決断は
    とても勇気ある行為だと思います。
    それだけでもどうか自分自身を褒めてあげて下さい。
    転勤でバタバタしている仕事もこなさないといけない
    中で、よく頑張られていると思います。

    私も先月、7年近く家族同然と言って可愛がって
    もらっていた彼女のお母さんから突然、
    「なんでいつも一緒にいないといけないの?」
    「他人なんだから入り込みすぎてもらったら困る。」と
    直接言われてしまいかなりショックで落ち込みました。
    家族ぐるみで旅行にもしょっちゅう一緒に行っていたし、
    本当に仲が良かったので頭を思い切り後ろから殴られた
    気分でした。

    なにより彼女の家によく泊りに行って
    いたので、それができなくなってしまいました。

    一緒にいれる時間が激減したのが一番辛いです。
    でもこれまで以上に会ってる時間を大事にしたり、
    お互いのことを大切に思い合っています。

    状況的に私達はお互いの親があの世に逝くまで
    一緒には住めないと思いますが、
    またいい時もきっと来ると信じて、
    なるべく前向きに考えるようにしています。

    今はお辛いでしょうが、
    グリ子さんの勇気は絶対に報われます。
    またその決断は間違っていないと思います。
    少なくとも私は応援します!

    公私共にストレスで体調を崩されないように
    体に気をつけて下さい。
    健康第一ですからね。

  21. tugu
    4月 6th, 2011 @ 10:46 PM

    今日は仕事中に最初にブログを拝見して、うまく言葉にならなくて、でも今になってもやはりうまく言葉にならないのですが…。
    私達は一緒に暮らしている事を、
    私の親には言っていません。17年前カムした時なかった事にされて以来アンタッチャブルです。
    その後10年以上関係が断絶、数年前にやっと普通にやり取り出来るようなりましたが、
    セクシャリティはおろか、今、彼女と一緒に暮らしている事も言っていません。
    彼女はご両親に言っています。
    カムはせず友人としてですが。
    彼女のご両親は良くしてくださってるので、もし彼女の地元に移り住む事があっても、そのタイミングでカムが叶うかも知れません。そうでなくても一瞬には居られると思います。
    でももし私が地元に帰らなければいけなくなったら、離れ離れになって自由に会う事は出来なくなると思います。
    いずれ対峙しなくてはいけない事に、
    お二人が先に向き合われているように感じられて他人事には思えません。
    やはりうまく言葉にならないまま、
    具体的にどうしたら、なんて言えませんが、
    最終的には笑っていられますように!!

  22. rumion
    4月 6th, 2011 @ 11:31 PM

    グリ子さん&ミシェルさん
    初めまして!
    いつも、お二人の仲睦まじい様子を微笑ましく拝見しておりました。

    その中でも、時折アップされる お二人のこれからのこと。ご家族とのこと。難しいなあ・・・切ないなあ・・・と思いつつもミシェルさんの素敵な文章に引き込まれていました。

    そして今日のお話。コメントせずにはいられませんでした。まずはグリ子さんの勇気に拍手喝采!!
    そして、あれこれ言わずに そんなグリ子さんを見守っているミシェルさん。本当に素敵な二人です。
    ブログを拝見していても、お二人が一緒にいることが、どんなに幸せなのか伝わってきます。

    自分達のことだけでは無く、自分達の大切な人達も
    想って、想って、想って・・・。だからこそ苦しい。だけど、そこから逃げ出さず、真摯に向き合おうとしているお二人を心の底から応援しています。

    グリ子さんの気持ちが、お母さまにまっすぐ届きますように。何も案ずることなく、お二人が一緒にいられますように。

  23. あい
    4月 6th, 2011 @ 11:51 PM

    ミシェルさん、グリ子さん
    今帰ってきてブログ読ませていただきました。
    過去にも色々大変な思いをされていたのですね。。。

    私は比較的親子関係が難しくない家なのでこの親子の対峙というのは本当には実感する事はできないんだと思います。
    ですが心の底から、なんとかお互いの意思の疎通がうまくいき良い方向へ向かうよう祈ります。
    本当に祈ってます。

    私がカムアウトした時の実感としては、「親が悲しむ事よりも相方が傷つく事のほうが心配だ」というふうな事を真剣に伝えた瞬間が、一番「伝わった」と感じました。
    親としては悲しい気持ちになったかもしれませんが、あの瞬間が私が人生で一番親に甘えた瞬間であったようにも感じます。
    反面、若干命がけの気持ちだったようにも、今から思うと感じます。
    グリ子さんの親子関係を想像するに、そんなレベルじゃないんだろうな、と思います。
    大変な勇気、覚悟だと思います。
    本当に祈ってます。

    二人が今後もほんわかと一緒にいつづけられますように。
    これがよりよく一緒にいるための第一歩でありますように。
    グリ子さんのお母様も心穏やかにいらっしゃいますように。
    現状が皆幸せな状態なんだという真実が、皆で理解しあえますように。

  24. ちゅみ
    4月 7th, 2011 @ 12:15 AM

    初めまして。
    今まで、愛読させて頂いていて、初コメです。

    自分は、非常に感動しました。
    自分もグリコさんとよく似た環境の中で過ごしていて、そのグリコさんの勇気というか、強さは素晴らしいです。

    どうぞ、その勇気を強さを自信にして下さい!!
    そして、自分たち、20代にも夢を与えて下さい!!

    これからも、無理し過ぎず、楽しい人生を…。

  25. コロ
    4月 7th, 2011 @ 1:23 AM

    初めまして、いつも 読ませて頂いてます。

    ほのぼのとしていて、お二人の人となりを感じ、楽しませて頂いています。ありがとうございます。

    ただただ、思うのは、自分が大切だと心底思える人とは、
    なかなか出会えるものではないと思います。

    どうか、良い方向に進んでいきますように願ってます。

  26. ぽるか
    4月 7th, 2011 @ 1:29 AM

    グリ子さん、ミシェルさん、こんばんは。
    こちらには初めてコメントさせていただきます。

    これからも一緒に暮らしたいというお二人のお気持ち
    痛いほどよくわかります。
    そして、グリ子さんのお母様に対するお気持ちも
    お察しいたします。(世代、状況等似ているので)

    どなたかも書かれていましたが
    正解はないんだと思います。
    あるのは目標までどの道筋を選択するかだけ。
    突貫工事で一気に前に進むのか
    じっくりと時間をかけて歩を進めるのかわかりませんが
    これからもお二人が笑顔でいられますよう
    お祈りしています。

    異動や引っ越しでただでさえお忙しい時期
    お二人とも無理をなさらず、お体お大事に。

  27. 麻呂
    4月 7th, 2011 @ 3:18 AM

    いつもこのブログを書いてらっしゃるミシェルさん、
    そして、喫茶店でブログを読んで「お客はひとり、涙をふきながら読みました」とコメントされているグリ子さん。

    このブログが、おふたりのコミュニケーションの場のひとつとなっていることに、じーんときました。
    読ませてもらって、私も勇気をいただけた気持ちがしています。

    私の場合も恋人が同性ということで、一番話したい母にも隠し続け、恋人がいることを話して喜ばせられないことに悩んでいます。
    恋人も家族も、そして自分も、みんなが幸せであって欲しいのですが、これはほんとうに、難しいことですね。

    これからもブログに遊びにきます。
    ミシェルさんとグリ子さんたちを応援していますので、また、勇気をくださいね。
    :)

  28. おくやぷ
    4月 7th, 2011 @ 4:34 AM

    こんばんは。

    血が繋がっていても、当然のように解りあえるということは決してなく、
    解りあいたい、そばにいたいと思うから本当の意味で近づいてゆけるのだと思います。
    反対に、血が邪魔して理解するという意識を持たずに過ごすこともありますね。
    お二人には一緒の道を、確かに歩んでほしいと、
    本当に思っています。
    自分は親の方の気持ちですけども、子供が何を思って悩んで伝えたいか見失ってた時もあり、それでも繋がりたいので見つめようと思う転機があって、子供が真剣にぶつかってきて目が覚めたような気持ちになったときがありました。
    きっときっと伝わります。
    時間はかかってもその方向をお二人で見つめて、くじけないでください。

  29. いちご大福
    4月 7th, 2011 @ 11:12 AM

     ミシェルさん 初めまして。アラ40主婦です。
     アウェーかしら?図々しくごめんなさい。
     楽しいそうな暮らしを、ほほえましく見てます。
     ほっこり 心が温かくなるBLOGですわ。
     親子 家族 親戚 身内付き合いは 難しい。
     グリコさんの人生はグリコさんのものでは?
     皆 親御さんに何らかの心配をさせて
     今日まで きたと思います。
     誰にも迷惑 負担をかけずに 生きてゆけない。
     子供には、子供の人生が あります。
     親と心底理解しあえる方ばかりで無いと思う。
     自分の苦しみを 親に話しても一方通行になり
     上手くいかない親子関係が 多いと思います。
     母親と娘の関係は、色々あると思います。
     グリコさんには 言葉は乱暴ですが 親の為に
     自身の人生を 犠牲にして欲しくないです。
     同じ 娘として 人としての 意見です。
     1回実家を出て 親と離れて暮らし また
     親と生活するのって 疲れないか、
     親から監視されてるみたいで 窮屈じゃないか
     と 思います。
     子供は 必ず親を 背負うべきなのでしょうか?
     できる事だけすれば いいんじゃないかな?
     親離れ 子離れをされてら?と思います。
     私も息子がいますが、子離れしなきゃと思う。
     子供は 親の所有物じゃない。
     私も 子の人権を尊重する親にならなくては
     と 学びました。
     黙ってそばにいてあげられたら?と思います。
     ネガティブな考えを されませんように。
     不安でしょうが、きっと道は開くと思います。
     生きていれば 色々あります。
     大丈夫! 大丈夫! お身体大切に。
     お心が 平穏に戻る日を 祈ってます。
     私は 母親とちょっとあって 壊れたので
     他人事に思えず コメしました。
     おせっかいおばさんです。お許し下さい。
     ミシェルさん 応援してますわ~~
     
     
     
       

     
      
     

  30. hash
    4月 7th, 2011 @ 1:03 PM

    はじめてコメントします。
    母と娘の関係は目に見えない強い力で依存し合っていると思います。

    どうかお互いを理解しあい少しでも認め合い、いい方向に向くことを心から応援しています。

    あきらめないで~!←こら。

    ホントに、応援してますから。

  31. しんちゃん
    4月 7th, 2011 @ 1:41 PM

    お久しぶりです。沖縄スピンドルで少しお話した「しんちゃん」です。
    カムの事自体が難しい話ですが、私の実体験を少し・・・
    中学の頃親バレした時「頭がおかしい」「あんたを殺して自分も死ぬ」と言われ、その時は「思春期だから~」とごまかしましたが、大人になって親バレした時は「やっぱりそうだったんだぁ」とあまり問題になりませんでした。
    多分親の興味が孫に移ったせいかも?とも思いましたが。
    私達夫婦が逆転夫婦だったから受け入れやすかったのかもとも思います。自分がカムした後に友人にカムの事説明する時は「周りは他人だから優しく迎え入れてくれる人が多いよ。親は結局自分の子供だからね・・・喧嘩しても折れるしかないんじゃない?自立してれば・・・」と説明してます。グリ子さんもきっと皆わかってくれますよ。
    お母さんもグリ子さんの事愛してるだろうし、お互い愛し合ってれば乗り越えられます。ミシェルさんが支えてあげれば成長して乗り越えられますよ。応援してます。

  32. しんちゃん
    4月 7th, 2011 @ 1:48 PM

    補足です。
    カム後昔の同級生などに会うと「変わってないね~安心した・・」10キロ以上太ったのに、髪だって超ロングからベリーショートになったのに・・・ゲイだってことで「ゲイになって昔と変わってたらどうしよう?」と思ってたらしいのです。グリ子さん自身は変わってないし、変わらない事が上手く説明できると相手も安心できるかもしれないですよ。今が幸せってお母さんに伝わると良いですね。

  33. 壁ちょろ
    4月 7th, 2011 @ 1:57 PM

    ツイッターを見ていると、あまり良い展開になっていないようなので、私も心を痛めています
    当事者同士の問題なので、他の人にはどうにもできないのが苦しいでしょうね。
    でも、時間がすべて解決すると信じていいと思います。
    今は最悪の状態なので、あとは良くなっていくしかないのですから。
    必ずまた、二人の楽しい生活が戻って来るはずです。
    気を強く持ってください。

  34. なつ
    4月 7th, 2011 @ 9:46 PM

    先日、メールでお世話になりました。

    ミシェルさまやグリコさまが、今どのような気持ちでいらっしゃるのかと思うと、なにか届けたくコメントを書いています。
    母親思いで、ミシェルさまを愛するグリコさまの思いが、届くことを願っています。

    色んな人と母と娘の関係について話してみると、人それぞれ違って驚いています。
    私は母と共依存な傾向があって、母と一心同体と思い、母がいないと生きていけないだろうなと思っていました。でも、私は母とは違う考え方、まして同性愛者できっと子供も産みません。
    同性愛者ということを自覚することがきっかけで、母とは違う人間、私という唯一人の人間なんだと思えてきました。
    いつかカムしたいです。
    このままの私を分かって欲しいです。
    母とは違う考えがあるけれど、大切な家族なので受け入れて欲しいです。

    長くなりました、私情が多くてすみません。

    グリコさまの思いが、大切なお母様に届く事を心から願っています。
    グリコさまのままが、きっと一番素敵な姿だと思います。
    応援しています!


  35. 4月 7th, 2011 @ 11:21 PM

    この大量なコメントがまさかまだ返事をしていないコメント数だとは思いませんでした。

    親を想うグリコさんの気持ちすごく分かります。私も親へのカミングアウトは無理だと思う人なんですが、自分では無理だけど、グリコさんならとコメントさせてもらいます。

    親にもちろん恩は沢山あり、その期待を裏切ってしまうような行為はすごくツラいことと思います。

    だけど、親への恩に縛られることはないと思います。ツラくてしょうがなくて、最悪縁が切れてしまったとしても、そこに縛られることはないではないかなと。

    親が絶対ではなく、恋人が絶対ではなく、人は本来孤独だと思うし、自分の気持ちをしっかり見つめて欲しいなと。

    受けた恩はその人に返すんじゃなくて、次に渡していくものだと思うんです。

    どうか後悔のないよう自分の気持ちを見つめて下さい。

    お二人の幸せを祈っています。


  36. 4月 8th, 2011 @ 1:20 PM

    誰も傷付かない解決策はないと思う。一人一人が一つずつ何か悲しい傷を負う。。それでしか前に進めないんじゃないかな。

  37. オヨウコ
    4月 8th, 2011 @ 2:35 PM

    グリ子さんへ。

    私は母の愛情が重くて、意図的に離れた時期がありました。ほかにも兄弟がいるのに、どうして私なんだろうと思っています。

    いつかはちゃんとお母様に話さなければいけないことなのだと思います。

    あなたはお母様のものではなく、グリ子という一人の人間なのです。

    だから後悔のないように、自分の人生を生きていってほしい。ちゃんと言わないと、お母様は絶対にわからないですよ。口を紡ぐということはやさしさではありません。

  38. RT
    4月 9th, 2011 @ 1:45 AM

    明日、明後日、一日一日が良い日でありますように。

  39. にゃんた
    4月 9th, 2011 @ 11:22 AM

    この先に幸せな未来があると信じましょうね。
    遠くよりグリ子さんとお母様ミシェルさん笑顔で過ごせる日を祈っています。

    私はカミングアウトしましたが今は良かったです。
    母の最期を彼女に一緒に看とってもらう事ができました。
    カミングアウトしなければ看護できないことがありましたので、カミングアウトして親孝行は少しできたのかなと思っています。それも彼女のお陰です。

  40. なおたん
    4月 9th, 2011 @ 11:56 AM

    ミッシェル様へ。

    ぐり子さんにとってミッシェル様は、世界で1番の恋人ですよ。ぐり子さんの金メダルですから、ミッシェル様はぐり子さんに巻き付いていて下さい。

    私がどん底だった時、ミッシェル様とぐり子様の静かで、相手を尊重している暮らしを送る二人に、支えられて来ました。その時の感謝の気持ちを今、お伝えしたい。
    二人がそばにいる事は大変な事かもしれない。でも、好きな人と暮らしたい、大切な事を分け与えたいって、人生を1番潤わせてくれる要素です。ご両親に恋人だとご理解していただく事は難しいかもしれません、でもここに、お二人のブログで立ち直った1人のビアンを救った事は、お二人の愛があったからですよ。二人はお似合いなんですから!

    鬱陶しいメールすいません。お二人の幸せを祈らせて下さいませ

  41. しんちゃん
    4月 10th, 2011 @ 2:00 AM

    ブログを見る限りベターハーフって言うのかな?ミシェルさんは、16歳歳下でも包容力豊かなイメージだな。きっと幸せになれると思います。
    非常に個人的な意見ですが、思いやりです。お母さんの事もミシェルさんの事もグリ子さんの事も戦略的に思いやりを活用しましょう。
    好きな人を見つめる。
    穴が空いても見る。
    何を考えるのかな?
    一瞬でも好きなひとの事を考える。
    自分の事じゃなく相手の事を考える。
    自分は、考えたい。
    支え合いたい、支えてもらいたい。

  42. しんちゃん
    4月 10th, 2011 @ 2:11 AM

    ミシェルさん落ちないで、愛があれば大丈夫。ぐり子さんも大丈夫。愛が溢れれば幸せ。自分は恵まれていて、小さい頃から御世話になっていた。お手伝いに(早く言え)って怒れて。殴られて終わり。とても愛を感じました。きっとわかってくれるよ。お互い愛があるから。愛は最高。

  43. 通りすがり
    4月 10th, 2011 @ 2:15 AM

    明けない夜はない
    辛いことがあるたび自分にいい聞かせてきた言葉です。

    辛さが明けますように。
    応援しています。

  44. みぃ
    4月 10th, 2011 @ 2:20 AM

    私が将来起こるのかも。。と不安に思っている状況に、お2人が立たれているのかな、と思いました。
    私の母は何でも自分の尺度で測り、子どもを支配下に置きたいタイプです。親が私に結婚式・出産を望んでいることもそれを当たり前と考えていることも百も承知です。

    相方は長女で、とても愛情深い比較的子どもを尊重するタイプの両親を持ち、だからこそ、普通に結婚・出産をし、両親を安心させたいと思っている事も分かっているのです。

    彼女が私との関係について悩んでいることは感じていますし、私にの方も家族の問題は中々形がつくとは思えません。そんな中で、彼女に自分と一緒にいて欲しいと言うことは、彼女にわざわざ辛い経験をさせるだけなのではないだろうか。。そう考えると自分の気持ちを殺すのが正解なのかとさえ思います。でも、自分は彼女への愛だけを胸に1人で生きていこう、それで彼女が幸せなら構わないと思うほど彼女が好きです。

    今までこのブログを読んでいて、お2人をとてもうらやましく思っていました。尊敬する先輩の様に思って来ました。どうか、今度の状況も教えてください。
    私のような若輩の同性愛者にとって、大きな道しるべとなってくれるのではないかと思います。

    言葉が見つかりません。best wish for you..

  45. あこ
    4月 10th, 2011 @ 12:27 PM

    ブログを拝見し、胸が痛くなりました。
    グリ子さんの思いがお母様に通じ、仲睦まじいお二人の関係がこのまま続く事を願っています。

  46. いちご大福
    4月 10th, 2011 @ 8:01 PM

    ミシェルさんグリコさんこんにちわ。
    私は、意見いう立場でないけど。
    内容は 異なりますが・・・
    私と子は、親子で同じ ある疾患を抱えています。
    ふつうの方とは、違うタイプの人間です。
    私の母親は 私と子の疾患について無知です。
    「治るでしょ?どうしてそんな身体になったの?」
    と 繰り返し言ってます。先天性の疾患なのに。
    説明するのも 疲れてきます。あきらめました。
    親より 自分を理解してくれる他人の方がいい。
    説明する労力で心身ダメージ受けないか心配です。
    親に打ち明け乗り越えられた方もみえるでしょう。
    アウェーの人間ですが、親子の問題は皆おなじ。
    母親なら子が幸せであれば それでいいと思う。
    親の望む幸せが必ず子が幸せと感じるのか。
    答えはNOです。親と子は別々の「個」です。
    グリコさんは、自分に正直に生きて下さい。
    おちつく場所に たどりつけると思います。
    2人なら 必ず乗り越えられますわ~~
    アウェーな おばさん お許しを。
    何度も言いますが 母親とちょっとあり
    全てを無くしそうになった過去が あるので。
    他人事でない。私は夫と子を第1にします。
    母は、その次です。
    親の為 子供が犠牲になったら親も不幸です。
    私は、自分のせいでわが子を犠牲にしたくない。
    長々失礼 グリコさんお母さん思いなんだね。
    いい娘さんだね。お母さん幸せと思います。

     

  47. かなほ
    4月 10th, 2011 @ 10:28 PM

    初めてコメントいたします。
    どうかお二人にとってより良い結果になりますように。。。

  48. sion
    4月 11th, 2011 @ 1:15 AM

    初めてコメントさせていただきます
    グリ子さんと同年代です

    グリ子さんのお母様がお二人のことを理解できないとしても、祝福されないとしてもそれはお母様の自由であり、権利なのです
    それをまずグリ子さんとミッシェルさんが受け止めてあげてください

    その上で「私たちは二人でいることが幸せなんだ」と告げて上げてください
    どんないきさつや感情があったとしても『娘の幸せを願わない親はいない』と思うのです・・・・・

    お二人の幸せを祈っています

  49. クジャク
    4月 11th, 2011 @ 4:30 PM

    ミシェルさん、グリコさん、はじめまして。
    以前から楽しく、ブログを拝読させて頂いておりました、クジャクと申します。
    私はレズビアンやバイセクシャルでは(多分)ない、ノンケの女子ですが、お二人の、優しくて面白い生活を綴られたこのブログが大好きで、いつか私もお二人のような、素敵なパートナーと巡り合えたら、なんて、いつも物思いに耽ったりしながら、楽しく読ませて頂いておりました。

    いつもはロム専でしたが、今回の記事を読んで、いてもたってもいられず、はじめてコメントをしました。
    ですが言葉で何か伝えたいと、強く思えば思うほど、とても何も、上手く言えません。

    だけどただほんとうにほんとうに、心から、少しでも早く、お二人とそしてグリコさんのお母様が、心からの笑顔で、毎日を送ることができるようになれることを、強く祈っています。

    何もできない、ただのいちブログの読者にすぎませんが、ずっと応援しています。
    お二人は世界中の誰よりも、お似合いのカップルですよ。
    年齢=独り身の私にとって、目が痛くなるぐらい、見ていて羨ましいです。笑
    だからどうか、負けないで。
    今日は雨でも、明日は晴れて、良いお天気かもしれません。
    そうしたら、また、お二人でデートへ出かけて、私の目を痛くさせてください。笑
    お二人のお互いを想われる気持には勝てませんが、私はお二人のことが、大好きです。

    支離滅裂な長文、失礼いたしました。
    ずっと応援しています。


  50. 4月 11th, 2011 @ 11:00 PM

    グリコさんと同世代です。
    親は親の人生です。
    自分の人生は自分の人生です。
    私は彼女を選び( 言葉が悪いですが)
    破局しましたが
    後悔はしてません。頑張って下さいm(_ _)m

  51. ミルヒー
    4月 12th, 2011 @ 3:26 AM

    アメブロの頃からいつも読ませていただいてます!

    私は今、親と普通に付き合えない感じになっていますが
    人はそれぞれのびのびと
    生きていく為のちょうどいい距離感がある
    というのは
    色んな状況にあてはまることが出来るのではないでしょうか。

    お二人の穏やかな未来を祈っています。

  52. Mercury
    4月 12th, 2011 @ 4:38 AM

    ミシェルさん、グリ子さん
    こんばんは☆

    もう避けては通れない事ってありますよね
    私も片親です
    私は現在30代ですが
    10代の頃に付き合っていた彼女との関係が自分から言い出す前に母にバレ、拒絶され、それから30になる迄の間、家族の中に帰る事が出来ませんでした
    それから15年以上かかりましたが、やっと心の会話が出来るようになりました
    今すぐに話し合う事が出来なくても、諦めない事が自分の為でもあるし大切な家族(親 兄弟 パートナー)の為にもなると思います

    自分自身がセクシャルを受け入れる時も時間がかかった人なら、他人が人のセクシャルを受け入れるには倍以上はかかると思います

    辛いとは思いますが、諦めないで下さい!
    お二人の今も、これからも、応援してます

  53. エクニャ
    4月 12th, 2011 @ 6:04 PM

    言葉が見つからず、こんなに遅くなってしまいました。
    何も出来ないのですが、ただどうかお二人とご家族がいつか認め合えるように、祈ってやみません。
    応援しています!


  54. 4月 18th, 2011 @ 10:22 AM

    はじめまして☆
    去年からブログを拝見させてもらっています。
    ビアンアプリ等興味があるもので、いつかコメントしたいなと考えていましたができずにいました。
    今回の記事をみて とても心が痛くどうかグリコさんとミシェルさんがお二人でいられる事を祈りながらブログをいつも見ています!
    私もカムした時は『一時的なものではないか?』『頭がおかしいのではないのか』と母親に全否定されました。
    ですが好きな人ができ私は家出同然で彼女の元に行きました。その後も事あるごとに男と結婚したほうがいいとか
    孫の顔が見たいなどいわれましたが付き合っていた彼女の死やいろいろあり私が一時的なもので同性を好きなわけではない事を理解してくれて、今では私の彼女と一緒にどこかに出かけてくれたりと『どうせお母さんは先に死んでいくからお前が幸せでいてくれたらいい。同性同士暮らしていくには色々大変でしょう?でもお前が決めたんだからちゃんと頑張りなさいね。』と言ってくれるようになりました。
    いずれは今いる彼女と子供を持てるようにと考えています。
       

    長くなってしまってごめんなさい・・・
    きっとカムするグリコさんも辛いと思いますが 
    その経緯を見ているミシェルさんもとても辛いと思いますがどうか二人が一緒に居ることを諦めないで下さい!!!

    いつも応援しています!

  55. みっち
    4月 21st, 2011 @ 10:08 AM

    ミシェルさん,グリ子さん,新ブログに移ってからはコメお久しぶりです。そして,なんと言ったらいいのか…なかなか考えているうちに時間が経ってしまってごめんなさいね。
    グリ子さんのレスも拝見して…そして本当にお二人がいい結論を出せればと祈っております。
    自分は4月11日のsionさんのレスにはっとさせられました。
    子が親に受け入れて!と言いたいのは当然ですが,親だって個なんですから,そして昔の年代の価値観としては今の私達よりも受け入れにくい抵抗があると思います。
    そしてその親の気持ちを急に変えさせるのは難しいでしょう。
    親が拒否する気持も,親として当然。それをまず子が受け止めて(受け入れるというか,親の気持ちとして寄り添う感じでしょうか),理解を示して。
    その後改めて,違う道を進むことになってしまうけど,親の気持ちは理解しているし,もっともだと思うけど,自分達の選択をしたいという形で告げるしかないですよね…

    私はこの手の問題とは縁がなくて,なかなか正論で片付けるわけにいかないこと位しか実感がありませんが,少なくとも親としては子と自分の方向性が違って,認めたくなくても,子が親の気持ちを全否定ではなく受け止めた上で「ごめんね」ってことになればもう,子の幸せを願わない親はいないです。例えすぐ受け入れられなくても,元気で子供が自分の大切な人といてくれさえすれば,諦めるっていう言い方は変ですが,徐々にそういうものかと受け入れていける気がします。

    どうかお二人にとって幸せな選択となりますように。そして頑張って下さい。

  56. らんぷ
    4月 23rd, 2011 @ 2:23 AM

    その後、どうされましたか?
    お体は、大丈夫ですか?

  57. 変なアドバイスかもしれませんが
    4月 24th, 2011 @ 11:14 PM

    フラワーエッセンスよかったです。(バッチがいいかな)
    お母様にもいいかなと思います。

    自分もグリ子さんの境遇に似ています。
    自分は耐えられず病気になってしまい、投薬をしていましたが効かず、今はフラワーエッセンスとカウンセリングにお世話になっています。

    母との関係は難しいですね。

    誰もがしあわせになれるよう祈ってます。
    そして幸せになることをどうかあきらめないでください。

  58. 小夜子
    4月 25th, 2011 @ 2:56 PM

    お母様は、すぐに受け入れられないかもしれません。受け入れようとしても、なかなか気持ちは切り替わりません。
    他人のことならともかく、自分の愛娘のことですから。
    お母様も揺れているのでしょう。

    でも例えお母様が悲しそうでも、泣き喚いても、すがっても、グリ子さんは「親不孝をした」なんて思わないで。
    いまのグリ子さんを貫き通して下さい。

    お母様はミシェルさんと末長く幸せに暮らす様子をみたら、理解はできなかったとしても、慣れてくるはず。
    人はなにかを受け入れたり許すきっかけは色々ですが、多いのは「理解して納得すること」「慣れてきていつのまにか受け入れている」だと思います。

    親を悲しませても、慣れてもらわなきゃいけないことはありますよ。みんな何かあります。
    それが親子関係だと思います。
    グリ子さん、焦らずゆっくり。芯だけはしっかりしていれば大丈夫です!

  59. グリ子
    4月 25th, 2011 @ 9:48 PM

    みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。何度も何度も読み返しています。
    修羅場の電話のやり取りが数回続き、今はなんとか冷静に話をしてくれるようにはなりました。しかし、それは深い絶望からくるあきらめがそうさせているようで、お互いの主張は全くの平行線です。
    今までの私達親子を知る人たちは、よかったね!お母さんも安心だね、とか、娘さんが帰ってきたら安心だね、と必ず口にします。唯一今の母との共通点は、その言葉に笑顔で答えることができないことです。
    弟も巻き込んで、家族の問題として取り組みはじめました。ミシェルは今のところ母の攻撃対象ではないことが救いです。カミングアウトをまだしていない今、本当の解決はいつになるのかわかりませんが、まずは私だけ先に新居に入ります。
    取り急ぎ現状報告とお礼まで。本当にみなさんには励まされています。ありがとう!byグリ子

  60. yoshikimeta
    4月 25th, 2011 @ 11:20 PM

    いつもツイッターでおじゃまさせていただいております
    今回初めてコメントさせていただきます。

    お二人のお力になる言葉もみつからず、
    何もできない自分がはがゆいのですが、
    代わりにわたしの好きな曲を送りたいと思います。

    Ledisiのsomedayという曲です。

    http://youtu.be/-tC4K_Ny7k4

    Momma,I love you
    Daddy, I love you tooとはじまるこの曲は

    今まで自分を育ててくれた両親への感謝の気持ちが
    歌われています。
    そして繰り返し『いつか、きっとあなたの誇りになりたいわ』
    と「いつか、きっと大切にするわ」歌われています。

    まるで今はすれ違っているけれど、本当に母親思いのグリ子さんのこと歌ってくれているみたいで、、、。

    この曲を聴いて少しでも心が軽くなってくれたらいいなと思います。

    歌詞ものせますね。私では英訳が怪しすぎるのでそこはミシェルさんにまかせた!おねがいします(笑)。

    http://www.lyricszoo.com/ledisi/someday/

    ではでは。

  61. みっち
    4月 26th, 2011 @ 9:42 AM

    グリ子さんのお返事があって,少し安心致しました。
    難しい問題だと思います。でも,昔より知られずにコンタクトを取ったり,待ち合わせとかしやすくなりましたよね。携帯やPCといったツールによって。
    全くお二人が連絡が取れないという不安がないだけでも,私はよかったと思っています。
    ミシェルさんも大変な時だと思いますが,きっと,きっと今までのようなのんびり生活が出来る時が戻ってきます。
    どうか,祈る?応援?することしか私には出来ませんが,少しでも事態が好転しますように…

  62. run
    4月 26th, 2011 @ 10:05 PM

    はじめまして。
    私はビアンではないですが、ミシェルさんとグリ子さんの生活の様子ややりとりがなんだかほんわかしてて大好きで、いつも楽しく拝見させていただいています。

    それがこの記事を読ませていただいて、その生活の中にはグリ子さんの辛さが色々と隠れている事を知りました。
    そしてそれを支えるミシェルさんの真摯さも。

    何も出来ない他人ですが、お母様との関係、どうかうまくいくように願っています。
    グリ子さんとミシェルさんがまた幸せに一緒にいられますように。
    どうかお二人ともご自愛ください。

    自分の人生は自分でしか責任がとれません。
    それはお母様にとっても同じ事かと思います。

  63. いちご大福
    4月 27th, 2011 @ 11:44 AM

    グリコさん こんにちわ。
    お身体大丈夫ですか? こころ も 大丈夫ですか?
    お辛いと 思います。
    私は アウェーの立場だけど。親子 家族の問題は共通だと 思います。
    ごめんなさいね。お許し下さい。

    グリコさん お母さんを 抱えこまないで。
    親の犠牲に ならないで下さい。

    お母さん 甘えてると 思います。
    実の親子の同居が 1番難しいと 私は 思います。
    娘夫婦との同居って そんなに幸せか?
    子と 住むのって幸せ?お互いが望むなら いいよ。
    お互い 幸せなら いいよ。

    1回親と離れて 住んだら親とは 住めないと思う。
    上手くいく場合も あるでしょうが。

    グリコさんの 人生です。あなたの人生。
    親が 邪魔しちゃ アカン。
    グリコさんの プライバシー守らなきゃ・・・

    グリコさんには、お仕事があるんですから。
    仕事に 集中するためにも 今の生活リズム壊したくないと 言われたら・・・

    私は、ビアンさんでないので カミングアウトの重みは、
    わからないのですが。
    親に 打ち明け 理解してもらうのって。
    難しいんじゃないでしょうか?今の日本では。

    上手くいく場合もあるでしょうが、傷ついたり 引き離されたり する恐れあるし。
    本人同士の気持ちが 1番と思います。
    ごめんなさい。

    お2人の 世界が守れますよう祈ります。
    お身体気をつけて。

    お母さん グリコさんを 自由にしてあげて・・・
    子を 思う気持ちは わかる。

    グリコさんの お母様が
    ミシェルさんの 人柄 ご存知なら 大丈夫と思います。
    お身体気を つけて下さい。
    悪い方へ考えない!明るく!堂々と!では

  64. in
    4月 27th, 2011 @ 3:19 PM

    どうか、良い方向に行くことを願ってます。
    お二人のブログが大好きです。

  65. ゆかり
    4月 28th, 2011 @ 6:02 PM

    玉置浩二の『しあわせのランプ』
    聴かれて見て下さい。
    私の大好きな詩です。
    とっても良い曲です。
    2人がしあわせに過ごされる事
    祈っています。

  66. ミルヒー
    4月 29th, 2011 @ 3:24 AM

    ゆかり さん達の影響を受けて私からも
    歌をご紹介したいと思います。
    ご存知かもしれませんが…
    シンディ・ローパー
    「トゥルーカラーズ」

    彼女のゲイのお友達が亡くなった時に作った曲。
    セクシャリティー関係なく、心に、しみわたります。
    自分の色を大事にしてがんばろうという気になります。
    オススメです。

  67. maliy
    5月 3rd, 2011 @ 7:02 AM

    グリ子さん本当にミシェルさんのこと大切に思ってられるんですね。
    優しすぎます。
    ご自分にもどうぞ優しくしてあげてくださいね。

    ここで身の上話をかくのも、、、ですが
    私も母とはうまくいっていません。

    今過去のいろいろを乗り越えようと、自分自身と家族と
    向き合っていますが正直、苦痛です。

    乗り越えたらきっと幸せになれる! と信じるしかない感じです。

    自分自身の幸せもそうですが、やっぱり母親とは
    分かり合いたいし、今までの苦労の分幸せになってほしい
    って思います。
    切り離して自分の幸せは考えにくいです。

    とりあえずみなさんが幸せでいられるのを祈るばかりです。

    たくさんおいしいもの食べてくださいね☆
    体を満たしてればきっと心も満たされていくと思います。

コメントはお気軽にどうぞ〜(承認制です)





*

  • もくじ

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • PR